安珍清姫伝説「道城寺の鐘」

~京都の怨霊・魔界・百鬼夜行を伝説とともに歩く~安珍清姫伝説「道城寺の鐘」

安珍清姫伝説「道城寺の鐘」

京都,観光,魔界,百鬼夜行,伝説
時は延長6年(928年)夏の頃。
奥州白河より熊野に参詣に来た僧がいた。
この僧、名は安珍。
大変な美形であった。
紀伊国牟婁郡真砂の庄司清次の娘、清姫は宿を借りた安珍を見て一目惚れする。
あろうことか、女だてらに夜這いをかけて迫る。
安珍は「参拝中の身、帰りにはきっと立ち寄るから」と騙って、参拝後は立ち寄ることなくさっさと行ってしまう。

騙されたことを知った清姫は怒り、裸足で追跡する。
とうとう、道成寺までの道の途中で追い付く。
安珍は再会を喜ぶどころか別人だと嘘を重ね、更には熊野権現に助けを求め清姫を金縛りにした隙に逃げ出そうとする始末。
ここに至り清姫の怒りは天を衝き、遂に蛇身に化け安珍を追う。

日高川を渡り道成寺に逃げ込んだ安珍を追う蛇と化した清姫。
梵鐘を下ろしてもらいその中に逃げ込む安珍。
しかし清姫は許さず鐘に巻き付く。
哀れ安珍は鐘の中で焼き殺されてしまう。
安珍を滅ぼした後、清姫は蛇の姿のまま入水する。

蛇道に転生した二人はその後、道成寺の住持のもとに現れて供養を頼む。
住持の唱える法華経の功徳により二人は成仏し、天人の姿で住持の夢に現れた。

実はこの二人はそれぞれ熊野権現と観世音菩薩の化身であったのである。

安珍清姫伝説「道城寺の鐘」アクセス情報 ≫


京都百鬼夜行魔界案内書について

ページの先頭へ
トップに戻る
友達に教える


(C)京都百鬼夜行魔界案内書