死者蘇生伝説「一条戻り橋」

~京都の怨霊・魔界・百鬼夜行を伝説とともに歩く~死者蘇生伝説「一条戻り橋」

死者蘇生伝説「一条戻り橋」

堀川に架かる、うっかり見落としてしまいそうな小さな橋だが、
不思議な伝説の舞台として有名なミステリースポット。

ここは霊の通り道、京都の死者はここを通り霊界に行ったといわれています。

最初この橋は土御門橋( つちみかどばし)と呼ばれていました。

延喜十八年(918年) 文章博士、三善清行 (みよしきよつら) の葬列が
この橋を通ったとき、比叡山の行者だった子の浄蔵が、
橋の上で 柩にすがって 泣き悲しみ、神仏に熱誠をこめて祈願したところ、
蘇生したことから「戻り橋」となったと記されています。

最も有名なお話としては、日本昔話にもなっている
平家物語の源氏の渡辺綱の話です。

夜中に戻橋のたもとを通りかかると、美しい女性がおり、
夜も更けて恐ろしいので家まで送ってほしいと頼まれた。
それを引き受け馬に乗せたところ、女はたちまち鬼に姿を変え、
綱の髪をつかんで愛宕山の方向へ飛んで行った。

綱は鬼の腕を太刀で切り落として逃げることができたが
片腕になる有名な話があります。

他にも、安倍晴明が識神・十二神将を隠したり、
千利休も秀吉の命で切腹した首が晒された場所など、
奇っ怪な話がいくつも残っています。

平安時代には死者が生き返る、
江戸時代は牢獄から刑場への「市中引き回し」のルート。

戦争中は戻ると言うことから出征兵士の見送りにも使われたなど。

また、嫁入りした後に出戻らないように、
婚約中の女性はここを通らないほうが良いとされています。



京都百鬼夜行魔界案内書について

ページの先頭へ
トップに戻る
友達に教える


(C)京都百鬼夜行魔界案内書